オイラのちゃりんこはGIANT Escape R3という初心者御用達の定番クロスバイク。
通勤・買い物などの日常使いから週末の70kmロングライドまでオールラウンドに活躍中。
乗り始めて4年と3ヶ月、積算距離は21200kmをチョイ超えといったところ。

140_1




















入梅して週五でウェットコンディショニンギングな昨今、みんなたちがたごきげんよう。
いやぁ、ブログ更新1ヶ月ヴリですネ。しかも案の定まぁた「ちゃりんこ」ネタっすヨ。
興味なき方々にはまことあいすまぬが、月末あたりに違うネタやるのでしばし待たれよ。

それでですネ、お気づきの貴兄もおられるかと思うけど、このひと月で1000km走ったん。
まぁその半分以上が通勤と仕事でのお使い的なアレなんだけど。
週末はほぼすべてロングライドにかまけてましたオイラ。

だいたい入梅前とかはネ、なんかこう、チコッと得体の知れない「焦り」が生ずるのです。
何だろう「今のうちに走っておこう」的なことですヨ。
結果、内容としてはあ~んまりサエない平凡な走りで終わっちゃうんだけどネ。

ま!別に「レースイベで上位を!」みたいな勢いもなく(安クロスだしネ)それはそれは
もう淡々と距離だけ乗ったってカンジやネ。
いつもの峠のヒルクラも、ま~ったりゆ~ったり15分以上かけて登ってます。



◆いまいちど!オテイレのキホンをふりかえる!

特にモチベーションが下がったわけでもなく、心身も機材もほぼナイスなコンディション。
なのにイマイチこう、なんかこう、なんかアレだな~みたいな時ってあるよネ!
こういう時はほかの誰かから何らかの「刺激」をもらえるといいんだけどネ~。

まぁまぁ、そんな事よりアレですヨ。梅雨ですヨ。
オイラは雨だろうがちゃりんこ通勤と決めているので、機材はズブズブドロドロに。
なのでこの時期、週末はキ~ッチリとオテイレしてやんないとまずいのですヨ。

見たカンジ、週末河川敷を走りこむような方々は、うんさすが!きっちり手入れしてる!
ホイールまわりや駆動系もピカピカで、チェーン鳴りもなくシャッシャッと走ってます。

ところがいざ平日の街中を見ると、だいたいMTBなんだけど、も~ヒドイありさま。
タイヤの空気圧も一見して足りてないし、駆動系はサビッサビ、リムもぶれてるし。
こういうのん見ると「うわ~機材がかわいそう~」とか思っちゃうんだよネ~。

ただそんな、ぞんざいに扱われてそうな機材でも、フレームだけはピカピカだったり、
駆動系ピカピカなのに変なギコギコシャリシャリと音鳴りがしたりとかネ、
そういうのもよく見かけるんですヨ。

おそらく、スポゥツバイク歴がそんなに深くなく、ネットの動画か雑誌で仕入れた情報か、
ほぼ自己流でなんとな~くオテイレしてるのかな?
まぁ、そういう人はモチベさえ保ってれば近いうちに「気づき」が訪れると思うんだけど。

で今回。まさに初心者にケが生えた程度のオイラが講釈をたれようとしているのです。
ただ、オイラ程度のレベルだからこそ、うまく伝えられる事もあるかな?と。
あまりハイレベルなこと言われても、初心者のかたにとっちゃあモチベ下がるだけだし。

140_2















◆まずはタイヤまわりとブレーキだ!

オテイレっていうと、まず真っ先にチェーンの注油とか想像しちゃうかもだけどサ、
一番大事なのはタイヤとブレーキだとオイラは思うんだよネ。
まぁどこをどの順序でメンテしても、ちゃんとできてりゃOKなんだけどネ。

①タイヤ表面のキズと磨耗チェック

これは週末オテイレじゃなく、走る前に毎回チェックしてるけど、みんなたちもやって!
で、オテイレのときはチェックプラス、濡れ雑巾でタイヤをしっかり拭いてやる。コレ!
雑巾はオイラ、マイクロファイバーのやつを使ってます。すっごいキレイになるヨ!

特にウェットで走るとネ、小石とか拾いやすくなって、それで貫通パンクとかネ、
梅雨どきはど~しても、そういうトラブルが増えちゃうんだよネ。
なので、タイヤのトレッド(ミゾ)なんかに小石が挟まってたら、取り除いておこう。

タイヤにキズ穴ができてる場合、瞬間接着剤やボンドなんかで補修って手もあります。
ただやっぱりソレじゃあ足りなくてネ、あくまで「応急処置」にしかならないわけ。
穴がそこそこハデで大きいなら、も~ズバッと新品に交換しちゃったほうがいいかもヨ?

オイラはめんどくさいけど、一旦タイヤをはがして、裏からパンク修理パッチを貼ります。
まぁ、今オイラが使ってるタイヤ(GP4000S2)は鬼のような耐久力を誇っているので、
まだこんなことしなきゃいけないような事態に至ってないんだけど。

140_3















②ブレーキシューの磨耗とクリアランスチェック

どんなに高価な機材でも、ブレーキがウンコだと安心して走れないよネ!
これは「高価な機材なんだからブレーキもいいはず!だからOK」ってんじゃなく、
やっぱりちゃんとセッティング、都度都度チェック、こまめにメンテがダイジなのヨ。

いつもやってるのは、ブレーキシュー(ゴム)の磨耗度合と異物チェックかな。
オイラはそうだなぁ、だいたいミゾが3mmぐらいになったらもう交換しちゃうかな?
ミゾがなくなるまで使い切ったことがなくて、早め早めに交換してます。安いしネ!

Vブレーキのシュー交換は、シューだけのとカートリッジごとのと2種類ありますヨ!

元々テクトロリのミニVがついてたんだけど、これだとカートリッジごと交換。
これをシマノのデオーレに取り替えてあるので、今はシューだけ抜いて交換します。
これだと後の調整がラクなんよネ。

クリアランスは、最初にピシッとセッティングが決まってれば、そぅそぅ気にしなくても
いいとは思うんだけどネ、安いブレーキだとたま~にズレる事があるからネ。

140_4















…ネ?
たかが週末オテイレのさわりだけなんだけど、タイヤとブレーキだけでこれだけあるの!
まぁオイラの場合は冒頭のど~でもいいネタで半分費やしてるんだけどサ。

ただ、文章だとダラダラ長~いカンジで書いちゃってるけど、やればわかると思うし、
慣れればも~も~、チェックだけならほんの1分2分のことなんですヨ。
でもコレが本ッ当に大事なんだよネ!

ブレーキまわりの「セッティング」については、まずはプロの作業をじかに観察して、
いっかいジブンでやったら、またプロにチェックしてもらうようにしたほうがいいヨ!
ココも含め、ネットや雑誌のハウツーを「鵜呑み」にしないよう気をつけましょう!

何ならココだけはプロに「まる投げ」でもいいと思います。いやわりとマジで。

ということで、多分こういうネタ、あと数回続きます。
わかってるヒトにとっては退屈なネタだと思うけど、やっとかないとダメだからネ!
しばらく我慢せられぃ。



(^ё^)<心はいつもビギナーなのだ!)