オイラのちゃりんこはGIANT Escape R3という初心者御用達の定番クロスバイク。
10kmの通勤から70kmのロングポタまで、1kmのコンビニにすら使い倒しています。
乗り始めて5年と4ヶ月、積算距離は28580kmといったところ。

152_1













5年近くちゃりんこ記事をダラダラ~と書き続けてるオイラですが。
ぶっちゃけアレだ、ジャイのいっちばん安いクロスをガチャガチャにして遊んでるだけの、
よくわかんないヤツの講釈なんかネ、ちょっと経験のあるひとからしてみれば、

「なにいってんのこのひと」

みたいなカンジになると思うんだけど、その感覚はオイラ「正しい」と思いますヨ!
そのうえで、オイラが書き散らす記事は「その程度」って認識で読んでくれると有難し。
でなくとも、ネットで得た情報は必ず「ウラ」をとるようにしてくださいネ!

さて季節は、コレ更新するころにはもう梅雨明け宣言きてるかな?ってトコだけど、
明けたら明けたでアレだ、炎天下のアスファルトは地獄そのものだからネ!
昼過ぎからロング行くか~とは、あ~んまりならないと思うのですヨ。

すでにオイラなんかは、昼間はエアコンの効いた部屋でパソゲとかやって快適に。
んで週末は夜明け前、だいたい3時とか3時半とかから走りに行ってます。
大阪ではしばらくタイミング的に、その頃合じゃないと路面が濡れてたりしてたからネ。

で、その時間に走ってみて「ん?思ったより快適じゃね?」とか感じちゃったわけ!
細かい路面の状態が見づらいから、昼間みたいな速度では走れないんだけど。涼しいし、
交通量も少なくて、前後ライトさえつけてればそ~そ~危険なことも少ないかなと。

そんな深夜徘徊のクセがついていよいよ「あぶないひと」に近づいてきたオイラですが。

大阪では、前後ライトつけてメットかむって走ってるとネ、警官の職質とかほぼ皆無です。
それもそのはず、まわりには酔っぱらってフラついてるままちゃりのおっさんがも~、
ほうぼうにいるわけだからネ!

152_2
















◆ちゃりんこが悪者扱いされるゆえん

そりゃあアレだ、交通法規を守ってるクロスよりも、見た目に飲酒運転のままちゃりを
取り締まらないとネ、カッコつかないからっていうか、オイラは絶対ソコつっこむし。

ところがネ~、ちゃりんこだったら飲酒運転してもOK!みたいな思い違いしてる人が、
びっくりするほどたくさんいるのですヨ。

ずいぶん昔から違反だし、去年の6月から赤切符が切られるようになったんだけど、
も~ホンットに知らないわけ!

ちなみに大阪では今月はじめから、自転車保険の加入義務が法令化されたんだけど、
おそらくコレもほとんど周知されてないと思いますヨ?

まぁ、事故が起きた場合の死傷率はダントツでクルマが第一当事者(過失が大きいほう)
の場合だから、まずクルマを運転する側のモラル向上を謳って欲しいと思うけど、
クルマはいちおう免許制だし、税金納めてるし、保険も強制加入だからネ。

割合的に、第一当事者別の死亡事故の発生数が数千分の一であるちゃりんこに、
なんでそこまでうるさくなってきたのか?ズバリ、悪質な運転が多いからですヨ。
だって道路交通法や法令をほとんどの人が知らないんだもの!



◆じゃあどうすればいいのかっていうと

なのでオイラは、この事態を良くするには、免許制とまではいかないまでもサ、
自治体と地元警察が主催する簡単な講習を受講して、講習受領証を発行すべきかなと。
(免許制にすると、その運営と管理にとんでもない費用がかかっちゃうからネ)

それにともなって自転車税の復活を。これはセットで考えないとダメでしょうネ。
新規自転車購入時に、1台あたり1万円の税金を購入価格に上乗せするとかネ。
そうすれば、今よりも「大事に乗ろう」って風潮が出てくると思うのですヨ。

大事に乗るってことは、ムチャな乗り方をしないって事につながってくるし、整備もネ、
壊れずに、ちゃんと走って曲がれて止まれるように気を配るようになるじゃない?

自転車税は、各地で実施される講習や講習修了書発行などの機関を運営する費用に。
うまくやれば十分足りると思うけど、税金の収納をコレ以外の方法でやろうとするのは、
ちょ~っと現実的じゃなくなるかなと。

例えば購入時に車体価格に上乗せじゃなく、年間いくらってカンジの収め方だと、
それらの管理に莫大な労力と費用がかかるわりに、未納者が続出してしまうと思います。

現時点で乗ってるちゃりんこについて税金をどうするのかって問題が出てくるんだけど、
今のところオイラには良いアイデアはありません。悩ましいよネ!

152_3
















◆自転車先進国になるには10年は必要

チマタではサ、日本をもっと自転車先進国に!って事で運動されてる人もいるけど、
たいてい「権利の主張」とか「地位向上」みたいなクレクレ論ばっかりで、
ちゃり好きなオイラでも「そりゃあムシが良すぎるわ」と思わざるを得ません。

その最たるものが「自転車専用レーン」の設置ってやつ。
車道をほかの車両といっしょに走ると危ないから、専用レーンを設置して欲しいと。

確かにこれは渇望極まりない!…でもさ、その費用は誰がどんなカタチで出すの?
まさかアレだ、関係ない一般税収から予算を捻出してくれとは言わないよネ?
そんなことしたら、ただでさえ肩身の狭いちゃりんこ乗りの立場がさらに悪くなるヨ?

クルマと違い、ちゃりんこを利用しない人にとっては、ちゃりんこは全く不要なのです。
なくても全然困らないし、いないほうが安心して歩いたりクルマを運転できるんだし!

そもそも日本はかれこれ70年以上も、クルマで社会を作り上げてきたわけですヨ。
クルマ社会がこれだけ発達したからこそ、今の産業が成り立ってるといってもいいです。
悲しいかな、ちゃりんこはこれほど社会に貢献してないのですネ。

そしてこれからも、日本においてクルマ社会が崩れることはないと思います。
クルマはこれからも産業を牽引し、社会に貢献し続けることに変わりはないでしょう。
自動車事故の年間死亡者数4千人は「必要経費」ととらえられているフシもあるし!

152_4
















(@ё@)<イジョウ!)