オイラのちゃりんこはGIANT Escape R3という初心者御用達の定番クロスバイク。
平日は通勤のアシがわり、休日は深夜から早朝にかけて40kmほど走って遊んでいます。
乗っていじっていじって乗って5年9ヶ月、積算距離は30550kmといったところ。

158_1













昔はネ、ちゃりんこにメットって、田舎の中学生ぐらいしかかむってなかったのですヨ。
スポゥツバイクでかむるようになったのも、90年代後半ぐらいからかな?
それまでは一部でカスクをつけるのが流行った程度で、みんなキャップだった気がします。

しかも10年ぐらい前までは、やぼった~い、だっさださのデザインのメットが主流で、
ちゃんとサマになるやつってホント少なかったし、高かったと思います。
それでもみんな「きっとこれがかっこええんや!」と自分に言い聞かせてかむってたわけ。

ハタから見ると、もっこりレーパンとあいまって、ナニアレ!的なイロモノ扱いだったよネ。
ところが時代は変わり、スポゥツバイクブゥムでファン人口が増えたのもあいまって、
かなりスタイリッシュになってきたんじゃないかと思います。

特にレーパンのもっこりは、今やもうほっとんどなくなってます。技術の進化ってすげぇ!

ところがだ!

メットに関しては、なんかこう、イマイチ突き抜けてこない気がしてならないのヨ。
いや確かにデザインは「単体で見ると」かな~りかっこよくなってるのです。間違いなく。
まぁ中にはスケベイスみたいな色のとか、蓮コラみたいなデザインのんとかもあるけどサ。

じゃあなんでこう、だっさいゾ~ンから抜けられないんだろうと考えたとき、おそらく、
日本人のアタマのカタチだと半数以上が「きのこる」からなんじゃないかなぁと。



◆そもそもメットてかむらなあかんもん?

実はオイラも、メットをかむりだしたのは4年ぐらい前からなんですヨ。
それまでなんもなしか、まぁキャップぐらいはネ、たま~にかむってたんだけど。
ところがある日、頭が上がらないちゃりんこ師匠に「かむれ~?」と言われてネ。

以来ずっと、師匠の教えを守るべく、たとえ500m先のコンビニへ行くのにもかむります。
最初はやっぱり抵抗があったんだけど、慣れちゃうモンなんだ。
ていうよりむしろ、今ではかむらないと不安でしょうがないほどです。

それでもオイラは、他の人にメットを推奨したりはしません。好き好きでいいんじゃね?
いざという時の頭部保護にはなるけど、そんなこといってたらキリがないし。
(つまり、外を出歩く時は徒歩でもメットかむれって極論になっちゃう気がしてネ)

オイラがメットをかむるのは、いざという時の頭部保護ってより、周囲へのアピールですネ。
つまり、オイラはルールを守ってちゃんとしてるやつですヨ~っていう。
そうすることで、公道をよりスムーズに他者とシェアできるのですヨ。

ま、大阪ではアタマのおかしないちびりドライバーが多いから、逆効果な事もあるんだけど。



◆きのこの原因はガワの分厚さなのだ

とはいえ、メットの本懐は頭部保護なわけだからネ、相応のポテンシャルが要るのは必然。
そうすっと、発泡材にプラガワって構成のモンだと、ある程度は発泡材の厚みでネ、
コレでどうにかしないといけないわけ。そうすっと分厚くなるでしょ?

これがきのこっちゃう最大の原因になるのですヨ。まぁデザインもあるんだろうけど。

あとは、日本人の頭部の骨格とかも影響してると思うんだけど。
比較して後頭部のはりだしが小さく、耳が前についてるでしょ?あとエラもはってないし。
そうすると、特に海外デザインのメットはなっかなかマッチしないんだよネ。

そういうトコロをガマンしてかむってる人も一定数いるんじゃない?だって似合ってないし。



◆じゃあドレを選べばいいのかと

1万円以下で手軽に買える(まぁオイラにとっちゃあ手軽どころか断腸の思いなんだけど)
メットといえば、だいたいそうだなぁ、OGKとかガノとかベル、あとMETとレイザーぐらい?

そのうち、OGKとベルは厚みがそこそこあって、きのこりやすいかな?と思ってます。
レイザーはちょっと縦長なデザインが多くて、しかもちょっと重たい気がします。
ガノはワンサイズ設定なので、頭が小さいと絶望的にきのこります。

オイラの普段使いはMETのコスモっていう安メットなんだけど、これでもきのこ気味に。
厚みはそこそこなんだけど、横のはりだしが少し大きくてネ、これがいけない。
しかも冬場はアサヒのメットイヤーパッドつけて、昭和なだっさださ仕様にしてるし。

158_2















で、秋にRH+っていうブランドの6061ZYっていうのをネ、ちょいと衝動買いしてしまってネ、
深夜ライドでこっそりかむっていたのですヨ。


◆予算オーバーなら昼飯を抜けばいいじゃない

オイラ実はアタマの周長が51cmぐらいしかなくて、余計にきのこりやすいんだけど、
(一時期マジでキッズ用のメットとか探してたぐらいだ!)
色々試していく中で、このRH+のんがいちばんマシなことがわかりましたん。

このブランド、オイラが気付いたのは今年の夏前ぐらいで、多分去年はなかった気が。
ビットリアジャパンが代理店になってるから、しっかりしたメーカーだと思います。

158_3















このメーカーのメットがネ、直線基調のシンプルなデザインで、かっけぇのですヨ!
で、前々から、今使ってるMETも3年選手で、そろそろ換え時かなぁと思っていたのもあって、
ん~3割引で1万3千円かぁ、ちょっと予算超えてるけど買っちゃえ!ってなったわけ。

まぁコレも、かっちり前に深くかむるときのこ風味にはなるんだけど、ちょっと後ろにネ、
(あみだ被りっていうのかな?)かむると、ほぼきのこらないのです。
うむ!1週間昼飯を抜いた甲斐があったというものだ!



とはいえ、オイラ赤いのを買っちゃったし(これしかサイズの在庫がなかったの)、
冬用にメットイヤーパッドつけて台無しにするのもアレなので、通勤はいつものMETで。

休日深夜(早朝?いつも4時半ぐらいから走り始めてます)の徘徊ライドのときにネ、
RH+のんをこっそりかむって自己満足で悦に浸ってます。
耳の防寒は、首に廻すタイプのスポーツイヤーマフがピッタリです。



(@ё@)<けっしてオイラのアタマのカタチが悪いわけではないぞ!いいね?)